2010年09月12日

【Day3・GOAL】

9月12日(日)


【WRC最後のサービス】

朝5時、ホテルを出発。いよいよ最終日。学生たちは「完走」を誓い、最後のサービスにすべての力を注ぎ込む。サービスインは6:47分。
9-12 (1).jpg

9-12 (2).jpg

9-12 (3).jpg

9-12 (4).jpg

9-12 (5).jpg

9-12 (6).jpg


すべてのサービスを終え、車を送り出す学生に「必ず帰って来るから」と大橋ドライバー。
学生たちの「いってらっしゃーい」の声もひときわサービスパークに響き渡った。

9-12 (7).jpg


最後の札幌ドームでのSSの前にサービスパークに戻ってきたラリーカーを出迎える。

9-12 (8).jpg

無事に戻ったラリーカーを確認し、サービスパークの撤収作業に入った。

9-12 (9).jpg


【GOAL! 完走】

ついに15年目のWRC(昨年はAPRC)を"完走"という形で終えることができた。
5ヶ月に及ぶトレーニング。異常な酷暑での夏場の練習を乗り切った学生たちに最高のプレゼントになったに違いない。

(本学のWRC参戦にご支援くださいました各社、個人の皆様、そして応援メッセージに励ましの言葉をいただいた方、本学の教職員の方々の思いが15年連続完走という偉業を支えてくださったものと感謝いたします。)


最終リザルト  (総合 27位・完走 53台)
         (N4クラス 17位・完走 32台)
sakamoto.jpg

9-12 (11).jpg

9-12 (12).jpg


アブダビ国より「アブダビ・スピリット・オブ・ザ・ラリー」賞を受賞。
この賞は、大会において「最もWRCを盛り上げかつ観客の注目を浴びたか」という名誉ある特別賞です。
(ちなみに審査の対象として競り合ったのが、今回総合2位になった、ペタ−・ソルベルグでした)
9-12 (13).jpg


恒例の記念写真と・・・・水、水、水

9-12 (14).jpg

9-12 (15).jpg

9-12 (16).jpg

9-12 (17).jpg

9-12 (20).jpg

9-12 (18).jpg

9-12 (19).jpg


【本日のサービスフォト】

優勝したセバスチャン・オジエ(シトロエン・トタル)
9-12 (21).jpg

準優勝のペター・ソルベルグ(ペター・ソルベルグワールドラリーチーム)
9-12 (22).jpg

3位のヤリーマティ・ラトバラ(BPフォード・アブダビ)
9-12 (23).jpg
posted by takayamacollege at 18:24| Comment(0) | I (9/12)Day3・GOAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

【Day2】

9月11日(土)


【朝の体操】

朝7時スタート。天候曇り。サービスパークに到着した学生たちは、ラジオ体操を始めた。今日一日のサービスが最も過酷なものになると思われる。そのための準備運動。そしてTCRT伝統の「スタージャンプ」。OB達の厳しい?指導のもと、何度も繰り返しジャンプさせられた。(笑)

9-11 (1).jpg

9-11 (2).jpg

その後円陣を組み「気合」を入れ直した。
9-11 (3).jpg

【朝の15分サービス】

昨日のSSでかなりハードにフロントバンパをヒットしたため昨日修理作業に追われたが、再度チェックをした。また、昨夜のオイル交換後の再確認。足回りの再確認作業。
9-11 (4).jpg

9-11 (6).jpg

9-11 (5).jpg

9-11 (7).jpg

今年のWRCのサービスエリアは観客エリアから少し外れている。しかし本学のサービスは世界的に有名になっている。ワークスのメカニックたちが学生達のサービス風景に必ず見学に来る。

9-11 (8).jpg


【昼の30分サービス】

午前のSSを走りきったカーナンバー68.しかしボディへのダメージはかなりきている。
このサービスでは、左リアドライブシャフト交換、右リアキャリパーガード交換、リアのアームガード交換、等々盛りだくさんだ。

9-11 (9).jpg

9-11 (10).jpg

9-11 (11).jpg

9-11 (12).jpg

9-11 (13).jpg

9-11 (14).jpg

9-11 (15).jpg

9-11 (16).jpg


【恒例!エアサービス】

昼のサービスを何とか乗り切り、後は最大の難関となる夜の45分サービスを残す。

TCRTの名物?となったラリー車の無い状態での練習(エアサービス)をする学生メカニック。
9-11 (17).jpg


【夜の45分サービス】

Day2を走りきった。車へのダメージは、特に足回りにきている。
ここでのサービスは、リアのショック交換、車高調整(少し上げる)、オイル交換(すべて)、ガード類の交換である。厳しい45分となった。
9-11 (18).jpg

9-11 (19).jpg

9-11 (20).jpg

9-11 (23).jpg

9-11 (24).jpg

9-11 (25).jpg

9-11 (26).jpg

9-11 (27).jpg

9-11 (28).jpg

9-11 (29).jpg

9-11 (30).jpg


【本日のサービスフォト】

9-11 (22).jpg

9-11 (21).jpg
posted by takayamacollege at 23:05| Comment(0) | H (9/11)Day2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

【Day1 WRC最初のサービス】

9月10日(金)


【WRC最初のサービス】

朝7時サービスパークに向かう。天候晴れ。いよいよ、WRC最初のサービスが始まる。
サービスパークの準備をし、スタッフ全員で「円陣」を組み、気合いを高めた。(TCRT恒例です)

9-10 (1).jpg

9-10 (2).jpg

学生メカニックたちだけで再度、円陣。何とか緊張を鎮めようと自然に集まってくる。
9-10 (3).jpg

ラリーカーサービスインタイム(TCイン)
9-10 (4).jpg

9-10 (5).jpg

朝のサービス(15分)のメニューは通常点検。
恒例の「いってらっしゃーい」でラリーカーを見送った。
9-10 (6).jpg

9-10 (7).jpg

9-10 (8).jpg

9-10 (9).jpg


【昼30分サービス】
SS5を終えて、33位(エントリー71台、出走70台)
カーナンバー68は大きなトラブルなく順調にSS5まで走ってきた。

ここでのサービスは、アライメント確認、タイヤ前後ロ−テーション、トルクチェック、ライトポッド点灯不具合チェック・・・等々。
9-10 (11).jpg

9-10 (12).jpg

9-10 (13).jpg

9-10 (14).jpg


【夜45分サービス】
Day1終了。カーナンバー68は無事一日を走り終えた。
Day1(SS10まで)を終了し、31位。(67台中)
  ↓Day1終了後のリザルトはこちら
   http://www.wrc.com/results/2010/rally-japan/day-results/?leg=1

夜45分のサービスメニューは、オイル交換(エンジン、ミッション、ブレーキ)、アンダーガードの取り外し確認がメイン。

9-10 (16).jpg

9-10 (17).jpg

9-10 (18).jpg

9-10 (19).jpg

9-10 (20).jpg

9-10 (21).jpg

9-10 (22).jpg


【本日のサービスフォト】

SSを走る、カーナンバー68(大橋、保井)

RJ2010_ 124_1.jpg

RJ2010_ 122_1.jpg

RJ2010_ 049_1.jpg

posted by takayamacollege at 23:57| Comment(0) | G (9/10)Day1・サービス開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

【記念撮影・SSスタート】

9月9日(木)


【記念撮影】

昨日の車検も無事通過し、いよいよ今夜よりSSが始まる。

出番を待つばかりのラリー車と、ここまでの長かった道のりをすべて乗り越えてきた高山自動車短期大学ラリーチーム(TCRT)。恒例の記念撮影を行った。

(学生メカニック全員で)
9-09 (1).jpg

(ドライバー、コ・ドライバーと学生メカニック)
9-09 (2).jpg

(ドライバー、コ・ドライバー)
9-09 (3).jpg

(全員で)
9-09 (4).jpg


【協賛会社紹介】
今年のWRCも多くの企業(会社)や個人の皆様の応援とご支援により参戦することができました。
本当にありがとうございます。ぜひ"完走"でそのご支援にお答えしたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

9-09 (6).jpg

9-09 (8).jpg

9-09 (5).jpg

9-09 (7).jpg

9-09 (9).jpg

9-09 (10).jpg

北海道入りして2日目に、日刊自動車新聞の取材を受けた。その記事が9/8の新聞にカラーで紹介された。

大橋ドライバー、保井コ・ドライバーへのインタビューと写真掲載。そして、高山自動車短期大学の"教育としてのラリーへの取り組み”を紹介していただいている。
9-09 (11).jpg


【今年のOB紹介】

WRCが始まると自然に本学のOBたちが現地まで駆けつけてきてくれる。
学生たちには大きな励みと力になる。

今年も5人のOBが集まってくれた。

左より
2005年卒 児玉満夫 (北海道マツダ勤務)
2006年卒 倉田慧  (三重スバル勤務)
2002年卒 船木淳史 (平プロモート勤務)
2009年卒 阿佐美健太(いすず自動車勤務)
2003年卒 多田明展 (旭川日産勤務)

9-09 (12).jpg


【いよいよSSスタート】

WRCは今日の夕方、札幌ドームでのSS(SS1、SS2)を皮切りに、DAY-1が始まる。
学生たちに見送られ、いざ出陣。
9-09 (14).jpg

無事、札幌ドームでのSS(SS1、SS2)を終えサービスパークに戻ってきた。
ラリー車はそのままパルクフェルメ・インとなる。

学生たちのサービスは明日の朝より始まる。
9-09 (17).jpg

9-09 (18).jpg

9-09 (19).jpg

おまたせしました。昨夜UPできなかった札幌ドームでの走り、の映像です。インカメからの映像もお楽しみ下さい。
9-09 (21).jpg

9-09 (20).jpg

9-09 (24).jpg

9-09 (25).jpg


【本日のサービスフォト】

札幌のSSに向かう、カーナンバー105(哀川翔)フォードフィエスタ
         カーナンバー1(セバスチャン ローブ)シトロエン
9-09 (15).jpg

9-09 (16).jpg

札幌ドームSSでのシトロエン
9-09 (22).jpg


posted by takayamacollege at 23:01| Comment(0) | F (9/9)記念撮影・SSスタート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

【レッキ2日目・公式車検】

9月8日(水)


【レッキ2日目】

レッキ2日目。朝5時30分。今日は砂川市方面および苫小牧方面、さらに札幌ドームでのレッキ。
昨日の走行距離をはるかに上回る600キロ近くになる予定。

9-8 (1).jpg

9-8 (2).jpg

9-8 (3).jpg


【サービスパーク開設】

レッキを見送り、今日は月寒ドーム(サービスパーク)に直行。いよいよ戦場?の地となるサービスパークを開設した。

9-8 (4).jpg

坂井監督より「いよいよ本格的にサービスパークでの作業を始める。地面の状態が思った以上に悪い。とにかく安全第一、気を引き締めて欲しい」と訓示があった。いよいよ「世界ラリー実習」科目の最終段階に突入する。

9-8 (5).jpg

9-8 (6).jpg


【ピレリタイヤの装着】

WRCでは規定により(WRC規定第60,61,62条)指定されたタイヤ(ピレリ社)を装着しなければならない。持ち込んだホイルにタイヤをセットしてもらい、本番車に装着する。準備するタイヤは20本。

9-8 (7).jpg

9-8 (8).jpg

9-8 (9).jpg

9-8 (10).jpg


【レッキ車の泥】

やはり過酷な路面状態だった。砂川エリアは少しの雨でも深い水溜りができ、コースを誤ると簡単にスタックしてしまうという路面が多い。

泥だらけの状態でサービスパークに戻ってきたレッキ車。
学生たちには少し刺激が強すぎたか?本番はもっとひどい状態を想定しなければならないと思われる。
9-8 (13).jpg

9-8 (14).jpg


【いよいよ車検】

WRC競技前の最大の難関、車検。ワークスチームより順次実施される。本学はPM5時過ぎに車検に入った。

9-8 (11).jpg

9-8 (12).jpg

9-8 (15).jpg

9-8 (16).jpg

9-8 (17).jpg

9-8 (18).jpg

9-8 (19).jpg


車検で、ロールゲージ部分に不具合が発覚。最終的に夜8時過ぎに車検完了となった。
車検を追え、戻ってきたラリーカー。これから片付け等々でホテルに戻れるのは何時に???

9-8 (20).jpg





posted by takayamacollege at 23:09| Comment(0) | E (9/8)レッキ2日目・公式車検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。